健康のために必要な成分

パソコン

レシチンには記憶力や学習能力を向上したり、肝機能を改善して健康にするという働きがあります。レシチンが多く含まれている食品としては、大豆や卵黄、レバーや酵母などが挙げられます。このレシチンに酵素を加えて加水分解を行い、脂肪酸を排除してから低分子化したものが低分子レシチンです。低分子レシチンにはより高い吸収力があるため、従来のレシチンに比べてより効果的であると考えられています。低分子レシチンの効果としては、悪玉コレステロールの排除や記憶力の向上、脂肪の燃焼をサポートして脂肪肝を予防し、細胞膜を修復する働きがあります。従って受験生や物忘れの症状が見られる高齢の方、生活習慣病の症状がある人やダイエットをしている人におすすめする成分です。

レシチンを食品から摂取するには、大豆食品がおすすめです。豆腐や納豆、おからや枝豆、きなこなどはスーパーなどで簡単に手に入れることができますし、調理も簡単です。また緑黄色野菜やゴマ油、小魚などにもレシチンが含まれています。これらの食品を利用して和食中心の食事を組み立てると、健康的にレシチンを摂取することができます。一方で低分子レシチンはサプリメントでの摂取がおすすめです。低分子レシチンが配合されたグミタイプのサプリメントが人気を集めており、オレンジ風味で食べやすいと評判です。このサプリメントを認知症の高齢者に食べさせたところ、症状が改善されたとの口コミ情報が寄せられています。低分子レシチンをぜひ利用したいものです。